みなさんこんにちはニコニコ



お尻の筋肉痛がなかなか引かなくて苦しんでいるプログレス代表兼パーソナルトレーナーの滋井です筋肉





先日のクライアント様



最初のカウンセリングで「肩こりと首のこりを改善したいDASH!」とのご要望をいただきました。



フィジカルチェックを行ったところ、胸椎(背骨の背中あたりの部分)の後弯(後ろへの丸み)がかなり強くなっていました。



当然胸椎と関係性の強い肩甲骨も前傾位となり、背中が丸く頭や肩が前方へ出るような姿勢になっていました。



世間一般で言うところの「猫背」ですねねこへび



肩甲骨は肩甲胸郭関節(下図)を介して胸椎と関係しているため、胸椎の湾曲が強くなっている方は肩甲骨も前傾位になりやすい傾向があります。

 

コンディショニングルーム フィップス ワウディー宮崎店のブログ 右横から見た図

コンディショニングルーム フィップス ワウディー宮崎店のブログ 後ろから見た図


そういう姿勢を日頃から続けていれば、当然頭や腕全体を支えるために肩から首にかけての筋肉がず~っと緊張したままの状態になりますよね?叫びあせる



それがコリや痛みとして身体に不快感を与えているわけですひらめき電球



ですから、その姿勢を改善しなければ部分的にマッサージをしてもまた繰り返し肩こりになってしまいます。ドクロ



解説が長くなりましたが、そのクライアント様に改善のためのエクササイズやストレッチをいくつか行ってもらったところ肩こりや首の疲れがかなり軽くなったそうです音譜


おまけに気にされていたウエスト周りのサイズもかなり減っていたようで、とても喜んで帰られましたアップアップアップ


胸椎の後弯を改善するためにはお腹周りの筋肉も関係してくるためそのような効果が出たんでしょうねにひひ



肩や首のこりでお悩みの方はご相談くださ~いパー