みなさんこんにちはニコニコ


最近読もうとしている参考書が多くて読むペースが追い付いていないコンディショニングルームフィップス トレーナーの滋井ですグッド!


まだ全然読めてないくせに本屋さんの医療書コーナーとかで立ち読みしてると、新しいのを買いたくなってくるんですよねあせる


しばらく我慢して、早く新しいのに手を出せるように頑張って読みます!!アップ





さて、ブログの更新がかなり遅くなってしまいました汗


忘れられないように、あまりさぼらず定期的に書いていきますね音譜


今回は脚とお尻の関係についてひらめき電球

パーソナルトレーニングのセッションをしているとお客様のご要望で

「太ももを細くしたいんです!!

「お尻が垂れてきたから小さくしたいですDASH!

などのお声をいただくことが多々あります。

こういったご要望をお持ちの方に多く見られる共通点としては

・骨盤の前方への傾きが強い

・太ももの前の筋肉の柔軟性の不足

・お尻の筋肉の筋力の不足

・腹筋の筋力の不足

などが挙げられますひらめき電球

これは何故なのか?

コンディショニングルーム フィップス ワウディー宮崎店のブログ
↑の画像はお尻~太ももの筋肉を右側から見たものです。

まず骨盤が前方へ傾いている方はお腹の筋力が弱く、、太ももの前の筋肉が硬いという傾向があります。

そうなると少し腰が引けたような姿勢になり、お尻の筋肉に力を入れにくい状態になってしまいます。

一般的には反り腰と呼ばれる姿勢ですねDASH!

ではもし1日中その姿勢を続けていたらどうなるでしょう?

骨盤が前方へ傾いているのですから当然体重は前方へ移動し、太ももの前で体重を支える状態になります。

そこから腰を反らしてバランスを取ろうとするわけですから当然腰への負担が大きくなります。

コンディショニングルーム フィップス ワウディー宮崎店のブログ
左側:骨盤正常 右側:骨盤前傾

↑の画像を見るとわかりやすいですが、赤色がついている部分の筋肉を多く使って身体を支えているという図ですニコニコ

右側の骨盤が前方に傾いている方を見てみると、太ももの前や腰の部分が赤くなっているのがわかりますねあせる

一方、左側の正常な姿勢の方をみてみると、お腹やお尻の部分を多く使って立っているのがわかると思います音譜

ということは反り腰の姿勢になっている方は、お腹やお尻の筋肉をほとんど使っていないから太ももの筋肉をたくさん使ってしまい、その結果脚が太くなってしまっている可能性が高いわけです叫びあせる

いくらランニングをしてもウォーキングをしても脚が細くならないという方は、太ももばかり使ってその動作を繰り返しているのかもしれませんね。

結論を言いますと、脚を細くするためには立っているときや歩くときに、お腹やお尻の筋肉をしっかりと働かせることが必要だということですグッド!

脚を細くしたい、お尻を小さくしたいという方はぜひ参考にしてみてくださいひらめき電球

ご相談などありましたら気軽にお越しくださいねアップ

ではまた!