花粉症・鼻炎にお悩みの方へ

みなさんこんにちは!

パーソナルトレーニング専門スタジオ「プログレス宮交シティ店」代表の滋井(しげい)です!

 

もう時期は過ぎてしまったかもしれませんが、冬から春にかけての季節は毎年花粉症の症状に悩まれている方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、そもそも花粉症とは何なのか?そのメカニズムについて解説していきます。

そして花粉症にお悩みの3名の方に、プログレスで提供している1ヶ月間の栄養アプローチを体験してもらいましたので、そのモニタリング結果を報告させていただきます!

 

花粉症ってこんなにも辛い!

実は僕も元々は中学生の頃から約20年間、かなり重度の花粉症に苦しんでいたので、その症状の辛さはよくわかります。(現在は食習慣を見直し完治しています)

まず何より鼻が詰まってしまうことで呼吸ができない、これが何より辛い!

人間は酸素が無ければ数分も生きていくことができない生物ですから、この酸素の通り道を塞がれている状態はまさに生き地獄のようなものです。(実際には塞いでいるのは自分なんですけどね)

鼻ではほとんど呼吸ができないわけですから当然呼吸は常時口呼吸になります。

ただ、食事をするときには食べ物を口に入れますよね。

そうすると口は食べ物を咀嚼するために働きだすので呼吸ができなくなります。当然食べ物を口に入れてモグモグしている間は息を止めている状態になるので呼吸困難になります。

なので、モグモグするのを途中で止めて、一度水泳の息継ぎのような動作を挟んでまたモグモグする…という感じで息も絶え絶えになりながら食事をするわけです。。。

ですからこの時期は毎年食欲が無くなっていましたし、鼻水が水のように出てくるため1日でティッシュ1箱消費するなんてザラにありました。

ホント毎年こんな感じ。。。笑

 

さらに極めつけは、寝ている間も口でしか呼吸ができないので夜中に口の中がカラカラに乾燥して目が覚める。

心地よく寝れる日なんてありませんでした。

これはかなり重度のケースだと思いますが、花粉症と一言に言ってもそれくらい酷い症状で苦しんでいる人もいるわけです。

 

花粉症って何?

そんな辛い花粉症の症状ですが、そもそも花粉症とは何でしょうか?

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。

季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。

 

季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)

原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状がある。

日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されている

主なアレルゲン

スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど。

 

通年性アレルギー性鼻炎

アレルゲンが一年中あるので症状も一年中ある。

主なアレルゲン

ダニ・家の中のちり(ハウスダストなど)・ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛・フケなど。

花粉症とは/監修:日本医科大学が医学院医学研究科 頭頸部感覚器科学分野 教授 大久保公裕先生

 

つまり花粉症とは鼻の粘膜のアレルギー症状が原因となって起こる症状ということです。

ではそのアレルギーとは何かというと、

ある物質の摂取・接触などの結果起こる、その物質に対する異常な免疫反応のことです。

ただ、「異常な」ということはカラダの免疫システムが正常に働いていないということです。

本来なら外敵や異物からカラダを守るための免疫システムが、食べ物や花粉などのカラダに害を与えない物質に対しても過剰に反応をして攻撃を行い、逆にマイナスの症状を引き起こしていることが花粉症の正体というわけです。

 

ということは、カラダの免疫システムが正常に働くようになれば花粉症の辛い症状から解放される可能性があるということですよね?

つまり、日頃の生活習慣の中に正常な免疫システムが働かなくなっている原因があり、その原因を解決する生活習慣を身に付けていくことで花粉症ともおさらばできるかもしれない!ということです。

実際に僕も約2年前から生活習慣(主に食習慣)を見直していくことで、あれだけ辛かった花粉症を完治することができ、以前は大嫌いだったお花見シーズンも今では快適な気持ちで楽しむことができています。

 

花粉症でお悩みの方に体験していただきました!

そこで、実際に毎年花粉症に苦しんでいる3名の方に、プログレスで提供している栄養アプローチを体験していただき、1ヶ月間で症状がどのように変化するのかをモニタリングしてもらいました!

それぞれ期間は1ヶ月間アプローチ開始前から1週間毎に花粉症の各症状を主観的に1〜10(数値が大きいほど症状が強い)の数値で評価していただいてます。

※ピークとは、1日の中で症状が最も強く感じられる状況のことを指します。

 

30数年ぶりに花見を満喫できた!

モニター様①(50代男性)

《アプローチ開始前》(3月15日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態()ピークの回数(

《1週間後》(3月15日~3月22日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態()ピークの回数(

ご本人のコメント:例年と比べると比べ物にならないくらい楽です。

《2週間後》(3月23日~3月29日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態()ピークの回数(

ご本人のコメント:ふと考えてみたら、今年はマスク(通常と鼻専用)もしてないなと。それだけ快適に過ごせています。

《3週間後》(3月30日~4月6日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態()ピークの回数(

《4週間後》(4月7日~4月14日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態()ピークの回数(

ご本人のコメント:花粉症にかかって以来、30数年ぶりに花見を満喫できた。とてもHAPPYです。ありがとうございます。

 

【1か月間の変化】(3月15日~4月14日)

目のかゆみ(4➡0)涙目(4➡0)鼻水(6➡0)くしゃみ(2➡1)ピーク時の状態(6➡2)ピークの回数(5➡1

アプローチ開始してから1週間ですでに変化が表れていますね。1か月後にはほぼ症状が感じられないくらいのレベルまで改善しています。お花見を楽しんでいただけたようで嬉しいです(^^)

 

食事と栄養がこんなにも大切だとは・・・

モニター様②(30代男性)

《アプローチ開始前》(3月17日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態()ピークの回数(

ご本人のコメント:日中はそこまで酷くなかったが、寝る前、就寝中、起床時が一番ひどく、鼻呼吸が出来ないほどだった。鼻水は常に出ている状態で、1日でティッシュを一箱使い切ってしまった。マスクをしていてもあまり効果無し。明日からモニターが楽しみ

《1週間後》(3月18日~3月24日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態(10)ピークの回数(10

ご本人のコメント:今週は体調を崩していた事もあり症状がひどかった印象。朝晩はもちろんだが日中もピークが続いた。

《2週間後》(3月25日~3月31日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態()ピークの回数(

ご本人のコメント:今週は体調も治り、症状も劇的に良くなってきた。朝晩のピーク(特に起床後と就寝前)はあるものの、モニター始める前と比べると苦ではないレベルまで良くなってきている。あと2週間あるが、このまま良好になっていく気がして楽しみ。

《3週間後》(4月1日~4月7日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態()ピークの回数(

ご本人のコメント:今週から劇的に(先週から比べ更に)良くなってきた。涙目状態は皆無になり、日々かなり過ごしやすくなってきた。朝晩のピークもほとんど無くなりおだやかに生活できている。

《4週間後》(4月8日~4月14日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態()ピークの回数(

ご本人のコメント:最終週になりました。自分でも驚くほど結果が良好になりました。食事と栄養がこんなにも大切だとは・・・。改めて自分を見つめ直す事が出来て感謝してます。引き続き自己管理をしっかりしていこうと思います。

 

【1か月間の変化】(3月17日~4月14日)

目のかゆみ(5➡0)涙目(4➡0)鼻水(7➡1)くしゃみ(7➡2)ピーク時の状態(8➡1)ピークの回数(8➡1

1週目は体調を崩されたこともあり症状が悪化してしまいましたが、その後はしっかりと体調管理を徹底されたことでご本人コメントにあるように劇的に症状は改善。食事と栄養の大切さに気付いていただけたようで良かったです(^^)

 

ほとんと気にならなくなった

モニター様③(60代男性)

《アプローチ開始前》(3月20日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態()ピークの回数(

ご本人のコメント:朝起きて2~3時間、鼻水が止まらない。昼間は鼻がグズグズするくらい。くしゃみが時々出る。

《1週間後》(3月20日~3月28日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態()ピークの回数(

ご本人のコメント:朝起きて2~3時間の鼻水は変わらず。少し軽くなった?昼間はほとんど症状が出ていない。

《2週間後》(3月29日~4月4日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態()ピークの回数(

ご本人のコメント:昨日までは前回と変わらず。今日は全く症状が出ていない。

《3週間後》(4月5日~4月10日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ( )ピーク時の状態()ピークの回数(

ご本人のコメント:前回より朝の症状が軽くなったような気がする。花粉が少ないのか?昼間は全く症状が出ない。

《4週間後》(4月11日~4月18日)

目のかゆみ()涙目()鼻水()くしゃみ()ピーク時の状態()ピークの回数(

ご本人のコメント:ほとんど気にならなくなっています。朝数回鼻をかむ程度。

 

【1か月間の変化】(3月17日~4月14日)

目のかゆみ(3➡0)涙目(2➡0)鼻水(6➡1)くしゃみ(4➡1)ピーク時の状態(6➡1)ピークの回数(3➡1

変化の度合いは少しずつでしたが、起床時に苦しまれていた鼻水も最終的にはほとんど気にならない程度まで改善できたようで良かったです。このコンディションを継続できるようにお伝えしたアプローチを続けてみてくださいね(^^)

 

いかがでしたか?

アプローチ開始前には花粉症の症状で苦しまれていましたが、それぞれ素晴らしい結果となりお喜びいただけたようで私たちも嬉しいです!

プログレスでは運動だけでは解決することが難しい症状にも、食事・栄養からのアプローチにより解決するためのサポートを行っております。

同様の症状や、体質に関するお悩みをお持ちの方は【お問い合せ】のページよりお気軽にご相談ください。

 

トライアルレッスン、無料カウンセリングをご希望の方はコチラ↓ ↓ ↓

トライアルレッスンのキャンセル待ちのお知らせ


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。