経営者の方向けに免疫力についての講話をしました!

みなさんこんにちは!

最近オンラインセミナーをたくさん受講してアウトプットすることが多すぎて大変になっているパーソナルトレーニング専門スタジオ「プログレス宮交シティ店」代表の滋井です!

コロナウィルスの影響で移動が制限されたのをきっかけに、セミナーなども急激にオンライン化が進みましたね。

これは宮崎という地方で仕事をしている僕らにとっては大歓迎な変革で、これまで飛行機による移動や時間の問題でなかなか受講できなかったセミナーへの参加のハードルが一気に下がりました。

おかげでこの2ヶ月間だけでも有益な情報をたくさん仕入れることができたのはいいのですが、アウトプットが全く追いついていない状況です。笑

この機会にしばらく滞っていたブログを復活させてどんどんアウトプットしていきたいと思います!

 

宮崎市倫理法人会にて講話をしてきました!

というわけで、早速ですが以前から所属している宮崎市倫理法人会から、講話のお話をいただいていたのでセミナーで学んできたことも取り入れ経営者の皆様にシェアをさせていただきました。

 

お話するテーマは、宮崎県がちょうどコロナウィルスによる緊急事態宣言が解除されたばかりだったこともあり、人が動き出すことによる感染拡大を怖がっている方もいるんじゃないかと思い「免疫」についてお話することに。

 

免疫とは、「疫」から「免れる」と書きますが、一言でお伝えすると

身体に病原体が侵入して病気になってしまうのを防ぐシステムのことです。

 

【免疫】と聞くと

「ハチミツが免疫には良いんでしょ?」

「生姜を食べてるから大丈夫ですよね!」

「毎日フルーツを食べるようにしています!」

大抵こんな話になることが多いのですが、それらの食品よりも前に考えるべきことがあります。(もちろん上記の食品が悪いというわけではありません)

 

それは

・運動、栄養、休養のバランスが大切

・免疫を作る材料を摂取すること

・食べたものが吸収できるように腸内環境を整えること

この3つのポイントを押さえておくことが重要となります。

 

今回のブログでは、講話でお伝えした内容の中からこの3つのポイントについて解説をしていきたいと思います!

 

運動をすれば健康になる!って思っていませんか?

まずは運動・栄養・休養のバランスについてですが、

一般的にはかなりの割合で「運動=健康」だと思っている方が多く、意外にそうでもないことがあるんですよと、いうお話をすると必ずと言っていいほど驚かれるのですが、

いくら運動が健康にとって素晴らしいものでも、栄養や休養が十分に取れていなければ運動によって身体を壊してしまうこともあるんです。

例えば、僕の知人で恐ろしくマッチョな方がいるのですが、ほぼ毎日ハードなトレーニングをする習慣があるのにも関わらず、毎年のようにインフルエンザに感染しています。

また、以前来られていたお客様で毎日1万歩を歩くことを日課にされている方は、毎日休まずに歩き続けていたらじっとしていても痛みを感じるほど酷くなってしまったようです。(この場合は、歩き方に問題があったのも原因の一つですが)

どちらの方も人並み以上に熱心に運動をされている方ですが、それが健康を崩す原因の一つとなってしまっています。

つまり、上の画像のように運動をした分だけ栄養と休養が身体を回復させてくれていれば健康を維持することができますが、栄養や休養が不足していれば回復ができずに健康を崩してしまう原因となってしまうわけです。

当然ながら、免疫を高めると言われている食品をどれだけ食べようと、この運動・栄養・休養のバランスが取れていないと免疫を高めることはできないので、まずはそれよりもこのバランスが取れているか?を考えてみることが大切なんですね。

 

免疫ってどこで作られるの?

続いて、免疫を作る材料を摂取することについてですが、

そもそも免疫ってどこで作られているんでしょうね?

 

実は免疫は主に「骨髄」という場所で作られています。

つまり骨髄は免疫を作る工場のような役割のある場所なんですね。

 

そしてその工場がしっかりしたものであれば質の高い免疫が作られることにつながるので、この免疫を作る工場である骨髄がとても重要になります。

ではこの骨髄を作っているものは何でしょうか?

それは、上の画像にもあるブドウ糖たんぱく質の2つの栄養素が主成分となって作られています。

簡単にいうと主食と主菜をしっかり食べよう!ということです。

 

そんなの当たり前でしょ!って思われるかもしれませんが、この当たり前のことが疎かになっている方がどれだけ多いことか。

免疫力を上げる、と聞くと何か特殊なことをしなければいけないように勘違いしている方が多いのですが、逆に体が持っている本来の能力を発揮できるようにすればいいわけなので、実は昔から日本に伝わっている食事の内容がとても理にかなっていたりします。

だから何か魔法のようなこれを食べれば免疫が上がる!みたいな究極の食品が存在する訳ではありませんので、そんなのに期待するのはやめにして、まずは主食と主菜をしっかり食べることを始めてみてくださいね。

 

ビタミンCで免疫を活性化!

また、骨髄で作られた免疫を活性化するのがビタミンCです。

これは一般的にもよく知られているので、皆さんもご存知なのではないでしょうか。

ただ、ビタミンCは免疫だけではなく全身の細胞に蓄えられて抗酸化、エネルギー生成、コラーゲン生成など、一般的に知られているよりも遥かに多くの量を消費するため、当然ながら不足していれば免疫を活性化することはできません。

 

なのでビタミンCを含む食品は日頃から積極的に食べるようにしていきたいですね。

ちなみにプログレスを利用されるお客さまの人気ナンバー1のサプリメントはこの「ビタミンC」なんです。

このサプリを使い始めてから花粉症が改善したという方や、生理痛が軽くなったという方、肌荒れの改善風邪を引かなくなったという声をたくさんいただいています。

食品で取ることももちろん大切ですが、食品よりも確実にビタミンCをしっかりとした量で摂取できるので、上のような症状で悩まれている方はまずはサプリでガツンと身体の状態を高めてから食品での摂取に移行していくことをオススメしています。

 

食べても吸収できてなければ意味がない!

最後に腸内環境を整えることについて。

よく人の身体は食べたもので作られている、と言われることがありますが本当にそうでしょうか?

実は食べ物は食べただけでは人の身体にはなりません。

食べたものが消化され、吸収されることで人の身体を作る材料として使われるんです。

つまり、いくら食べ物を食べていても吸収されていなければ意味がないんです。

 

では、食べたものがうまく吸収され質の高い免疫を作るためにはどうすれはいいのでしょうか?

ここで重要となるのが腸内細菌です!

人の腸内は数100兆〜1000兆もの腸内細菌によって保たれていることに加え、

免疫の約70%がこの腸内に存在していることから、免疫を高めるためにもこの腸内環境を整えることはとても重要なんです。

 

腸内環境を整えるには水溶性食物繊維がオススメ!

そしてこの腸内環境を保つ働きを担う腸内細菌にとって大切になるのが食物繊維です!

食物繊維は善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維と、便のかさを増す不溶性食物繊維に分けられるのですが、

善玉菌を増やし腸内環境を整えるには水溶性食物繊維を多く含む食品を積極的に食べていきたいところ。(僕は玉ねぎが苦手なんですが。。。笑)

そうやって腸内環境が整ってくることで、腸内の免疫が活性化、さらに食べたものが正しく吸収され骨髄から質の高い免疫が作られることでさらに免疫を高めることに繋がっていくというわけです。

 

まとめ

免疫について押さえておいていただきたいポイントを解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にここまでの内容をまとめると

・運動、栄養、休養のバランスが大切

・免疫を作る骨髄の材料「ブドウ糖・タンパク質」は必須

・免疫を活性化する「ビタミンC」は全身でたくさん使われるため、積極的に摂取する

・免疫を高めるには腸内環境も重要

・腸内環境を整えるには「水溶性食物繊維」がオススメ!

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

また今後も定期的にアウトプットを兼ねてブログを更新していきますね!

それではまた!

 

◆トライアルレッスン◆

[カウンセリング+姿勢・動きのチェック+ふぁんトレ]
料金:6,000円(税込)

時間:約80分間

当店を初めてご利用の方はまずトライアルレッスンからご利用いただきます。
以下のチェックに1つでも当てはまる方はぜひトライアルレッスンにお申込みください。

運動は苦手だが、何か始めなきゃと思っている方
☑今まで運動をほとんどやっておらず、何をして良いのかわからない
骨盤の歪みが気になる方
☑猫背や反り腰等の崩れた姿勢を改善したい
☑腰痛、肩こり、膝痛の根本的な改善方法を習得したい方
☑病院などで「腹筋、背筋を鍛えなさい」と言われたが、どう動いていいのか不安な方
☑ゴルフ、野球、ダンスなどのパフォーマンスを向上したい
自己流でトレーニングをしたけど思うような結果が出なかった方

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。