腹筋が割れているからと言って、腹筋が強いわけではない?!

こんにちは!美担当のYUKAです(^o^)/

先週末は私の所属しているバレエスタジオの8月にある発表会に向けたリハーサルでした。

今回王子をしていただく、新国立バレエ団で活躍中のバレエダンサーを迎えてのリハーサル。

前回に比べ、少しずつ自分の身体が変わり、パフォーマンスが上がってきているのを感じます✨

あとは、メンタルの問題の方が大きいかも。。。(;´∀`) 頑張ります!!

 今日は腹筋について!! 

男性に多いと思うのですが、お腹がバッキバキに割れていて、何百回でも腹筋できますという方。

見た目も引き締まっていて、かっこいい♡ですよね(´艸`*)

誰が見ても腹筋強そう!!と思うと思いますが、意外な落とし穴があるのです( ゚Д゚)

 

先日、アクションスターの方が来られました。

アクションスターなので、バク転やらバク中やら、すごいことが出来るので、もちろん腹筋はものすごく強い!!

本人も自信があるほど✨

しかし。。。

ボディコンディショナーでチェックしてみると、腹筋が弱いと出てきましたΣ(゚Д゚)

もちろん、常にハードにカラダを動かしているだけ、柔軟性もあり、きれいに動けていました。

ただ、結果は、このような結果に。。。

この後、実際に腹筋のチェックをすると、驚くほど腹筋強いΣ(・ω・ノ)ノ!

なので、本人様も、これには疑問を抱いていました。

「腹筋は常にやっていて、どこに行っても自分が1番強いくらいなのにこれはどういうことでしょうか?」・・・と。

外側の筋肉(アウターマッスル)と内側の筋肉(インナーマッスル)

腹筋というと起き上がってくる運動を思い浮かべると思いますが、それは、表面の筋肉 腹直筋のトレーニングになります。

一番表層にあるので、腹直筋を鍛えれば、お腹が割れます。

しかし、表面ばかりに力は入るけど、中はどうでしょうか?

表面(腹直筋)がしっかりと固く抑えてくれているので一見スマートに見えますが、= 固めていることになります。

表面を固めるよりも、その中(インナー)をしっかりと意識をしていくことが重要なのです!!

姿勢を保つためには、内側にある筋肉がきちんとはたらいているかどうか。

実は、表面(アウター)を固め過ぎていると、全身の力が抜けなくなります。

なので、全身のコリにつながるわけです。

やはりアクションスターの方も、肩こり、腰痛などに悩んでおられました。

 全身の力抜けてますか? 

アウターが強い人は、呼吸も深く入っていきません。

腹筋が割れている割れていないにかかわらず、内側を使えていない人は男女ともに多いです。

インナーマッスルと言われるカラダの奥にある深層筋をうまく働かせなければなりません。

そのために呼吸がまずは大切になってきます。

その呼吸をきちんと出来るために、骨盤の動き・肋骨の動き・背中の動きが重要になってきます。

そこで使われるのが深層筋なのです。

なので、きちんと呼吸が出来る(わかる)ことが、インナーを鍛えるための第一歩となるわけです。

 カラダのベストな状態を知る 

インナーに入るようになれば、全身の力が抜けて、無駄にカラダがコルということがなくなります。

そして、表面だけでなく、きちんと身体の中を使って、身体(姿勢)を支えてくれます。

全身のムダな力が抜けた状態で、寝ることが出来たら、ぐっすり眠れ、疲れも1晩でしっかりとれるでしょう。

初めてセッションを受けた方などは、ぐっすり眠れて、次の日の目覚めが良かったとよく言われます。

毎日お世話になっているこの自分のカラダですが、あまりよく知らないことも多いのではないでしょうか?

カラダのにとってベストな状態をまずは知ることから始めましょう♪

 

◆トライアルレッスン◆

[カウンセリング+姿勢・動きのチェック+ふぁんトレ(25分)]
料金:3,240円(税込)

時間:約55分間

当店を初めてご利用の方はまずトライアルレッスンからご利用いただきます。
以下のチェックに1つでも当てはまる方はトライアルレッスンにお申込みください。

運動は苦手だが、何か始めなきゃと思っている方
☑今まで運動をほとんどやっておらず、何をして良いのかわからない
骨盤の歪みが気になる方
☑猫背や反り腰等の崩れた姿勢を改善したい
☑腰痛、肩こり、膝痛の根本的な改善方法を習得したい方
☑病院などで「腹筋、背筋を鍛えなさい」と言われたが、どう動いていいのか不安な方
☑ゴルフ、野球、ダンスなどのパフォーマンスを向上したい
自己流でトレーニングをしたけど思うような結果が出なかった方

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。