みなさんこんにちは! 🙂

 

先月末に知人の結婚式にて今年最初のゲストポージングを披露させてもらったパーソナルトレーニング専門スタジオ「プログレス宮交シティ店」代表兼パーソナルトレーナーの滋井です 🙂 

今回は初めて女性ボディビルダーさんとのコラボでポージングということもあり、さらに参加者がほぼ関西人ということもあり?会場は大盛り上がり(笑)

毎回余興の準備は大変なので、いつも余興のご依頼をいただいたときにやるかやらないか心の中では葛藤がありますが、新郎新婦を含めみなさんが喜んでくれていたので引き受けて良かったな~と思います。

 

ただ、現在はコンテストシーズンではないため今回の余興に向けてはプチダイエット程度で、約2週間で3~4㎏程度の減量に控えておきました。

2週間という短期間なので、体重が3~4kg減ったといってももちろん体脂肪自体はそんなに減っていませんけどね。(減ったのは体内に含んでいる水分です)

 

 

今回は大した減量はしていませんが、これだけ毎年のように減量をしていたりするとよく聞かれるのが、食事制限て大変じゃないですか?

とか、甘いものはほとんど食べれないですよね?

ということを聞かれたりしますが全然そんなことはありません。

減量中であっても定期的にお菓子やアイスも食べてますし、白いご飯類も普通に食べています。(もちろん量はコントロールしています)

今日のブログでは、何故好きなものを食べながらでもダイエットが成功するのか?をお伝えしていきたいと思います!

最も大切なのは継続できるペースで行うこと!

23786_original

先ほど好きなものを食べてもダイエットできるとお伝えしましたが、もちろんこれは決して好きなものを無制限に食べ続けてもオッケーですよ~という訳ではありません。

様々な考え方があるかと思いますが、プログレスではダイエットに成功するためのポイントは以下の3つだと考えています。

①たんぱく質を意識して食べる

②定期的にご褒美の日を設ける

③極端な制限をしない

 

①タンパク質を意識して食べる

Meet, fish, eggs on kitchen table

まず①についてですが、タンパク質は身体の様々な細胞を構成している材料となる成分(髪の毛、肌、筋肉、内臓、ホルモン)で、食べても脂肪になりにくいためダイエットといってもタンパク質は積極的にとってもらうようお伝えしています!

ダイエットを失敗する例として多いのが、カロリーや食べる量を制限しようとしてタンパク質の摂取量が不足してしまい、逆に筋肉や骨、内臓などを構成している身体の重要な細胞まで失ってしまい基礎代謝が低下することで痩せづらく太りやすい体質になってしまうことです。

ダイエットをするということは減らしたいのは増えすぎてしまった体脂肪であって筋肉ではないですよね?

ただ、タンパク質を必要量摂取できていないと筋肉が減ってしまい、カロリーを制限してある程度体重が減ったとしても脂肪はそれほど減っていない隠れ肥満体型に。。。という残念な結果になってしまいかねません。

タンパク質の必要量の目安は1日あたり体重に0.8~1.2をかけたグラム数と言われています。(スポーツをしている方やハードにトレーニングをしている方はさらに必要量が多く体重の1.5~2.0倍のグラム数程度)

なので体重50㎏の方であれば40g~60g程度を1日に摂取する必要があります。

ちなみに卵1個で約6g程度、お肉類だと部位にもよりますが100gあたり20g程度のタンパク質が含まれています。

ということは体重50㎏の方がタンパク質を必要量摂取しようと思ったら卵だと8~10個、お肉類だと200~300g程度食べる必要があるということです!(スポーツをしている方だとこれの倍近く食べる必要があります)

何だかこれだけでお腹いっぱいになりそうですよね。。。

そうなんです!

カラダに必要なたんぱく質を毎日補給しようと思ったら、それだけである程度お腹が満たされ余計なものを食べる量が抑えられるので、結果的にダイエットが成功することにつながります。

②定期的にご褒美の日を設ける

2487638337d46d8f1dd26185de76b29f5650b5a91400686113

最近雑誌や本などでもよく言われているように、カラダには炭水化物(糖質)を必要量を超えて食べ過ぎた余剰分が中性脂肪として蓄えられていくシステムがあるため、ダイエットを成功させるためにはこの炭水化物の過剰摂取を控えコントロールする必要があります。

ただ、真面目な方ほど炭水化物の制限を過度に行い過ぎてしまい、その反動で過剰な炭水化物ばかりの食生活になりリバウンド。。。ということも珍しくありません。

多くの方のダイエットの目的は1カ月だけ引き締まったカラダになりたい!という短期的な目標ではなく、長期的に引き締まったカラダになることで健康で美しい状態を維持することが目的だと思いますので、いくら頑張っても継続できない方法では意味がありませんよね。

そうなってしまわないように僕は1週間に1回、もしくは10日に1回はご褒美の日を作り、1食だけ好きなものを食べても良い日を作るようにしています。(糖尿病などの内科的な問題を抱えている方にはお勧めできませんのでご注意ください)

そうすることで心理的なストレスが軽減され、長期的にコントロールされた食生活を継続することが可能になります。

またご褒美の日を作ることで、そこまで頑張ろう!というモチベーションにもなるため、より質の高い食事へとつなげていくことができます。

③極端な制限をしない

まずダイエットがなかなか成功しない方の原因として多いのが、長期的に継続できないような過度な食事制限をしてしまうところです。

②でお伝えしたご褒美の日を作ることにも共通してくるところでもありますが、長期的に継続できるモチベーションを保つためにも、さらに健康なカラダを維持するためにも野菜や果物しか食べない、糖質を全く取らない、脂質を完全にカットするといった過度な食事制限はお勧めできません。

先ほどもお伝えしたように炭水化物(糖質)の過剰摂取によって体脂肪が蓄積してしまいダイエットの妨げになることは間違いないのですが、だからといって炭水化物(糖質)を全く取らなくてもいいというわけではありません。

何故かというと、炭水化物の中に含まれているブドウ糖は脳のエネルギーになるということは一般にも広く知られていますが、それだけではなく筋肉や骨、内臓や血液の成分の材料にもなる重要な栄養素です。

もちろん過剰な摂取は控えるべきですが、脳のエネルギーという観点だけではなく長期的に正常な筋骨格、内臓機能を保つためにもやはり適量の炭水化物は必要だと言えます。

野菜や果物だけ、脂質を完全にカットするといった過度な食事制限も同様に、カラダの機能を正常に保つための栄養素が不足してしまう危険性があるためやはり避けるべきです。

もちろん体質によっては動物性食品をカラダが受けつけない、糖質をほとんど取らなくでも健康に過ごせているという方もいらっしゃるようなので、自分の体質を見極めながら選択していくことも大切ですね。

まとめ

長期的に引き締まったカラダを手に入れたい!と思っている方は、以下の3つのポイントに注意しながら食事をしてもらうことがダイエットを成功させるためのコツです!

①たんぱく質を意識して食べる

②定期的にご褒美の日を設ける

③極端な制限をしない

ぜひ上記のポイントを意識しながら、長期的な計画を立てて実践してみてください。

最後に1つだけアドバイスさせてもらうとすると、1カ月や2ヶ月といった短期間での過度なダイエットの計画を立てないこと!

なぜなら急激にカラダが変化すると人間のカラダは恒常性といって、現在の状態を維持しようという機能が働くため元に戻ろうとします。

そのため元のカラダよりもリバウンドしてしまい結局またダイエットしなければ…という負の連鎖にはまってしまいかねません。

短期的な目標であればそれでも構いませんが、継続して引き締まったカラダを維持したいと思われているなら過度な計画を立てずに、確実に達成していくことができる計画を立ててから行動に移していきましょう!

 

それではまた!

 

トライアルレッスン

[カウンセリング+姿勢・動きのチェック+ふぁんトレ(25分)]
料金:3,240円(税込)
時間:約55分間
当店を初めてご利用の方はまずトライアルレッスンからご利用いただきます。
以下のチェックに1つでも当てはまる方はトライアルレッスンにお申込みください。

運動は苦手だが、何か始めなきゃと思っている方
☑今まで運動をほとんどやっておらず、何をして良いのかわからない
骨盤の歪みが気になる方
☑猫背や反り腰等の崩れた姿勢を改善したい
☑腰痛、肩こり、膝痛の根本的な改善方法を習得したい方
☑病院などで「腹筋、背筋を鍛えなさい」と言われたが、どう動いていいのか不安な方
☑ゴルフ、野球、ダンスなどのパフォーマンスを向上したい
自己流でトレーニングをしたけど思うような結果が出なかった方

trial