健康診断受けていますか?

こんにちは。美担当のYUKAです。

先日、研修の際に、体組成測定をしたら、なんと体内年齢21歳でした✨ミス・ユニバースに応募できる年齢だわ( *´艸`)

%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b9

ということで、今回は、姿勢の健康診断についてお伝えします!

私たちの身体について

私たち人間のカラダは、骨格・筋、筋膜・消化器・呼吸器・脳神経・循環器の6つのシステムから成り立っています。

%e3%83%92%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0

ほとんどの方が、毎年健康診断を受けると思いますが、それはこの中で、後者4つ(消化器・呼吸器・脳神経・循環器)の部分をチェックしています。

おや?チェックしていないところがありませんか?

そう!前2つの骨格筋については、特にチェックをしていませんよね?

今の身体の状態がどうなのか、今の姿勢は正しいのか間違っているのか、学校でも検査はありません。

人生の中で、1度も検査をしなくて大丈夫なのでしょうか?

検査をしなくても大丈夫と思っている、そこのあなた!!

肩こり、腰痛、膝痛、40肩、50肩など経験はないですか?

また、今現在、それらでお悩みではないですか?

ロコモティブシンドローム

日本は、『平均寿命』男性は79.9歳、女性は86.41歳で世界一の長寿国です。

しかし、健康面に支障がなく日常生活を送れる期間、『健康寿命』は、男性70.4歳、女性73.6歳(2011年)で、『平均寿命』との差は、男性で9年、女性で12年以上もあります。

健康寿命が伸び悩む原因として運動器の障害があります!

支援・介護の必要になる方の原因でみると、関節痛が10.9%、転倒・骨折10.2%など、運動器障害が1位なのです。

%e8%a6%81%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0

=ロコモティブシンドローム;運動器症候群

・筋肉や骨・関節などの”運動器”の機能が衰えていく『生活習慣病』

筋肉や骨・関節などの障害から、介護が必要になったり、寝たきりになったりする危険性が高い状態のこと

つまり、内科的な検診ももちろん大切ですが、それと同じくらい、姿勢や動作のチェックも未来にかかわるとても重要な検査なのです!!

自分の行動を振り返ろう

  • なにもないところでよくつまずきませんか?
  • 階段は手すりに頼らず、昇り降りできますか?
  • 15分以上続けて歩けますか?
  • 横断歩道は、青の間に渡り切れますか?
  • 靴下は片足立ちで履けますか?
  • 2キロ以上の荷物、余裕で持てますか?

などなど。。。心当たりはないですか?また、これらをクリアしていたとしても、肩が痛い、腰が痛い、膝が痛いなどの症状があれば、正しく身体を使えていない可能性があります。

自分の身体の使い方がいいのか悪いのか、自分の姿勢は正しいのか間違っているのか、そんなことは、鏡を見ているだけではわかりません。驚くことに、明らかに肩の位置が左右違っていても、自分の姿を見慣れてしまっているので、気づかない方が多いのが事実です。

ですので、身体の中同様、身体の外側にも気を使って、年に1度は、健康診断を受けてください!

今年のうちに

今年も残すところ、あと半月。。。

忙しい師走ですが、今年のうちに、ぜひ、姿勢の健康診断を受けてみてください!

その健康診断は、トライアルコースで受けることが出来ます。

12月末まで、50%OFFのキャンペーン中。

姿勢と動きのチェック、また、柔軟性、基礎筋力のチェックをして、その結果に合わせた、運動指導まで行います。(約60分)

¥3.240➡50%OFF➡¥1.620で受けられます!!

  

triallesson

まだ間に合う!シェイプアップコース モニター大募集!!

%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%97%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9-%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e7%94%bb%e5%83%8f